Latest Investing News

2018年12月30日

どんなメリット・デメリットがあるの?通信制高校に通うこと

通信制高校に通うメリットってどんなこと?

通信制高校は直接学校に行く回数が少なく、あるいは全く行かなくても卒業できる学校です。高卒認定だけではなく、資格を取得できる学校もあります。また、学年制を採っておらず、単位制を採用している学校の場合には留年がないため、自分のペースで学ぶことができるのもメリットのひとつです。

更に、地域に関係なく、通信制を採用している学校であれば、日本全国どこからでも入学できます。そのため、学校によっては遠隔地で通う学生や、身体が不自由で通信制高校に通う生徒のために、パソコンを使ったスクーリングを採用しているところも増えてきました。更にいつでも入学が可能となっているため、思い立ったが吉日で入学できるのが最大のメリットといえるでしょう。

通信制高校に通うデメリットは?

全日制高校や夜間高校に通う場合と異なり、学習に自主性が必要となります。やる気を出して受けられる分だけを受けるように努力すること、時間を効率よく使うことなどが、自力で高校卒業を目指す人にとって重要です。働きながら通信制高校に通うことは、勇気だけではなく、自分の努力が必要となります。積極的に学習をするやる気を習慣づけるよう心がけてください。

また、通信制の場合必ずしも全ての学校がネットでのスクーリングを受け付けているわけではありません。長い休みや週末といった空いている時間を使い、直接授業を受けることが卒業の条件となるところもあります。どうしても通えない場合にはある程度考慮されますが、なるべく通えることが卒業の条件です。

人口が多いエリアなので、通信制高校を埼玉探すと何校か見つけることができるでしょう。交通の便も比較的良いエリアですから、スクリーニング等で学校に通学する際も困りません。

You may also like...