Latest Investing News

2018年12月27日

信用を得るために活用!!財務の健全化にも使える!!

信用情報に傷を付けずに資金調達

お金を借りる行為自体は信用情報に影響しません。ただ返済ができなくなったりすると信用情報に傷がつき、通常通りの信用が得られなくなるときがあります。借入は個人に比べるとビジネスではよく使われますが、その分ちょっとした借り入れ行為が良くない噂になるときがあります。最近借り入れが多いので危ないのではないかなどの情報が流れると、全く問題がなくてもそれ以降のビジネスに影響するときがあります。そこで使いたいのがファクタリングです。ファクタリングは借り入れとは異なり、売掛債権を譲渡してそれに対する資金を得ます。金融機関に借入をしなくても得られるので金融機関にも知られません。二社間であれば取引先にも気づかれずに使えます。

財務情報の健全化のために使う

会社の財務情報の中に貸借対照表があります。ある時点の資産や負債、資本の状況を記した資料です。流動資産は現金や現金化しやすい資産を表し、これが多いと健全と判断されやすくなります。ただ流動資産の中でも売掛金はチェックされやすい項目で、前年より異常に増えていたりするとうまく回収されていないと判断されるときがあります。金融機関からの融資に影響したり、取引を縮小されるときもあるので注意が必要です。売掛金が増加気味の時に使いたいのがファクタリングです。回収がうまくいっていない売掛債権を買い取ってもらいそれを現金化します。すると売掛金を減らして現金を増やせます。財務情報が健全化するので、これまで通りの取引が行えます。

ファクタリングは企業の売掛金を専門会社が買い取る仕組みです。回収の期日前に現金化ができ、回収不能のリスクが避けられます。利点がある一方、手数料があり違法業者のトラブルに巻込まれないよう注意も必要です。

You may also like...